肩のゆがみ矯正02(01:28)

<やり方>
①両手を身体の後ろにななめに組みます。

②反対の組み合わせも試し、どちらが組みやすいかを確認する。(ゆがみが酷いほど差があります)

③組みやすかった方で、息を吸いながら背筋を伸ばして、ひじを張る。

※肩甲骨が硬くて組めない場合はタオルを持つなどして、補助しましょう。

④吐きながら、下のひじに向かって身体を倒す。

⑤3回~5回深く、ゆったりした呼吸をしたら、反対も行う。

⑥最後にまた両手を組んでみて、感覚の違いを感じましょう。

<注意点>
 身体がねじれないように注意しましょう。
 倒している方の腰を突き出すようにすると、ねじれにくいです。

シェアする

フォローする