肩甲骨ほぐし(01:52)

<やり方>
①肩よりも少し下の位置に左手を伸ばして挙げ、その上に右手を重ねる。

②掌同士を合わせて、握ります。

③肘を曲げて内側に手を1回転させます。

④肘を曲げ伸ばしして、肩甲骨に刺激を与えます。

⑤肘を伸ばした状態で、左右上下に動かします。

⑥最初とは反対の動作でもとの手の位置に戻します。

⑦反対も行います。

肩甲骨に張りを作った状態で前後左右、そして曲げ伸ばしをすることで様々な刺激を加え、ほぐれていきます。
 肩周りが硬い方は最初曲げ伸ばしすることは難しいでしょう。
 気持ち良く伸ばせる範囲で行っていきましょう。

 くれぐれも痛みを感じるほど伸ばさないように。
 伸ばせれば凄いというわけではありません
 自分の可動域を知り、受け入れることも重要です。

シェアする

フォローする