気持ちよくなる勇気

温泉に入ったサル
 オンラインヨガの本田信英です。

 初めてヨガをやる人や始めたばかりの人はしばしば頑張ってやろうとします。
 身体が硬い人ほど多いのですが、苦しいことや辛いことをしなければ心身は整っていかないと思い込んでいるのでしょう。

 けれど、実はそうじゃありません。

身体は無理を喜ばない

 例えば、身体を横に倒して体側を伸ばす動作をする時に一生懸命伸ばそうとする人がいます。
 それはもう、顔を見れば一目瞭然です。

 苦しそうな表情で息を詰めているからです。

 けれど、痛みを感じるほどに伸ばすと身体の防衛本能で逆に縮めようとします。

 例えば、立ったり歩いたりするのに重要なアキレス腱が伸びきってしまったら、私達はまともに歩くこともできません。
 だから、伸張反射と言って必要以上に伸ばされたら今度は縮めようと身体は自然に反応します。
 
 つまり、頑張って伸ばせば柔らかくなるかといえば、逆効果にもなるえるということです。
 頑張った結果、自分の身体を硬くするというのはなんともやるせない話です。
 

身体が喜ぶように動く

 では、一体どうすればいいのかといえば、痛みを感じる手前、気持ちよいところで止まればいいのです。
 
 そして呼吸を入れてあげます。
 すると、痛みもなく深めることができます。

 人間の身体は気持ち良くなるほどに整っていきます。
 それはどうこう言うよりも体験してみた方が速いです。

 10分ほぐしでは、痛みを感じるような激しい動作は一切ありません。
 ガチガチの身体ではそれでも痛みを感じることもあるでしょうが、そういう時は緩めてくださいと言います。

 最初と最後に必ず前屈をするのですが、明らかに前後で前屈の範囲が変わってきます。

 別に無理に伸ばしたわけでもないのにです。
 だから、気持ち良くなる勇気を持ちましょう。

修行も悪くないけれど……

 頑張って歯を食いしばって、苦しい修行をする。
 それも否定するつもりはありません。

 というのも、厳しい状況で自分を冷静に観察し、保つ能力も必要だからです。

 ただ、苦しいことに耐える自分に酔ってしまうようではいけません。
 

日常生活を修行の場とする

 そもそも、現代人は普段からストレスに晒されています。
 その上、更に頑張って伸ばしたり、苦しいポーズをキープしたりとストレスを与える必要はないと感じています。

 修行がしたいなら、日常生活の中で行えばいいと思います。
 上司に叱られた時も感情に振り回されそうになるのをこらえて自分を見つめてみる。

 そうやって、ストレスになりかねない出来事も修行という認識でこなしていくとだいぶ変わってきます。

 これは修行だとして、だったら今なにを試されているのだろう?
 以前も同じようなことがなかっただろうか?

 そう問いかけてみて、自分の振る舞いを正していきます。

 その分、ヨガをやる時くらいは落ち着いてほぐして、気持ち良くなればいいと私は思います。 

 月額648円~始められるオンラインヨガやってます。1ヶ月無料体験実施中。まずは習慣作りから始めましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする