「上手くできない」からこそヨガをやる

頭を抱える人
 オンラインヨガの本田 信英です。

 ヨガに興味がある。
 けれど、なかなか一歩が踏み出せない。

 インストラクターをやっているとそんな人が多いことに気づかされます。

 
 そんな人達が口にするのは「身体が硬いからできない」「痛いからできない」ということです。
 けれど、そんな人達こそヨガをやるべきだと私は考えています。

 上手くできない。
 だからこそやる、のです。

 

やらなければできるようにはならない

 まず、やらなければ柔軟性が増して身体が整うなんてことはありません。
 身体が硬い人が身体を動かさなければ硬いままです。

 
 大衆メディアに出てくるような方々は写り映えするような美しく、ポーズも綺麗にこなすという人達です。
 だから誤解されやすいのですが、ヨガはもともとできない人のためのものです。

 
 心も身体も自分の思い通りにいかない。
 そういう人でも実践し続けていくことで少しずつ改善していくための方法論です。
 
 始めからできるんだったら、悟りを開いた聖人が当たり前のように往来を歩いていることでしょう。
 
 心理学のような学問だって、人間の心があまりにも複雑で脆く壊れやすいからからこそ生まれたものです。

 なんの苦労もなく、健やかに育ってきた人が心について知りたいとはなかなかなりません。
 激しい葛藤に振り回され、押し寄せる不安に苦悩して、自分の意思とは関係なく心理状態が上下する。
 そうした経験をする中で人の心に関心を寄せて学ぼうと思い立つのでしょう。

 
 ヨガもこれと同じです。
 
 健康になんの不安もない人がヨガに興味を持つことなんてほとんどありません。
 心身の不調を感じるからこそ、それをなんとかしたいとヨガに出会うのです。

まずは感じて、知り、受け入れること

 どれだけ見栄を張ったところで、できないものはできません。

 それはもう動かしがたい事実なのです。
 だから、そこは無理にねじ曲げようとしても仕方ありません。

 上手くいかない自分、健康とは言えない自分を知ってそれを認めることでしか次へは進めません。
 だから、まずは向き合いましょう。

 身体を動かすことで自分の限界を知り、受け入れて、じゃあ自分はどういう風にありたいのかを決めていく。
 そのプロセスもヨガの大事な一部です。

 つまり「できる」から発生しているのではなく、「できない」から発生しているわけです。
 だから、「できない」状態が当たり前で、そこからどう変えていくかを考え実践していくしかありません。

 
 けれど、できないことが当たり前だったら、いくらでも失敗してもいいんですよ。
 

 できるようになるまで何度失敗したって誰かから怒られることもなく、責められることもありません。
 そして、続けていれば必ずなにかしらの進歩があります。

 それって素敵なことではありませんか?

 
 月額648円~始められるオンラインヨガやってます。1ヶ月無料体験実施中。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です