「習慣」が人を変える

スケジュール帳
 
 こんにちは。
 オンラインヨガの本田信英です。

 ヨガというのは密教で、実践によって継承され、伝えられていくものです。

 だから、ある種ヨガというのはライフスタイルの1つです。
 沖ヨガも生活の中で総合的に整えていくことから別名「生活ヨガ(生活総合ヨガ)」などと呼ばれます。

 それで、ライフスタイルにおいてなにが大事かといえば、習慣です。
 どんなものを口にして、睡眠時間はどれくらい取るか、どんな人との付き合い方をしているか。

 ライフスタイルは生まれ持って規定されるものではなく、習慣によって形成されると私は思っています。
 習慣を変えることによってその人のあり方も変わります。 

週慣とは前に進み続けること

 だから、オンラインヨガで一番大事だと捉えているのは、習慣をつけることです。
 なによりもまず、ヨガの習慣を持つこと。

 習慣のない人が一生懸命ヨガをしても多くの場合、続きません。
 始める時はやる気満々でしょうが、往々にして「始める動機=続ける動機」ではありません。

 継続するためにはなるべくハードルを低くする必要があります。
 痛いことなんて続きませんし、最初から長い時間をするのも息切れして続きません。

 だから、短時間で気持ち良く行うのが継続のコツです。

 早朝のほぐしコースを設けているのは、そんな理由からです。

  
 毎日たった10分同じ動作+αを行うだけ。
 
 
 なんで同じことをしなければいけないのでしょうか?
 きっとすぐに飽きてしまうでしょう。

 
 でも、実はそこが始まりです。
 新しい刺激、強い刺激は私達を惹きつけますが、同時に感覚を鈍らせてしまう。
 
 
 弱い刺激、慣れきった刺激の中に新しい発見をする
 いわゆるヨガの「自分を見つめる」ってそういうことじゃないでしょうか?

 
 休んでも良い。サボってもいい。
 時にはおざなりにやったっていい。

 
 無理する必要なんてどこにもない。

 
 けれど、どんなに遅くても歩幅は小さくても、自分の意志で前に一歩踏み出し続ける。
 
 
 そうするとふと気づいた時にはヨガをすることが当たり前になっています。

 
「今日はなんだか気分が良いし、時間もあるからもう少しだけ動いてみよう」
 いつかそんな気持ちが自然と湧いてきます。

 
 そのタイミングでちょっと挑戦したり、新しいことを始めてみればいいのです。

継続は第二の天性なり

 1回のレッスンでも、もちろん変化を感じられることでしょう。
 けれど、本当のヨガの良さって続けることによって得られます。
 
 
 続けていれば、勝手に身体の柔軟性なんて増していきますし、生活全般を整えていけば健康になっていきます。
 それは私自身体験していますし、色んな人の変化を見ていく中でわかっています。
 
 
 年齢も性別も関係ありません。
 年齢を不調の言い訳にしていた方が体調が良くなったと喜ぶ姿には、私自身も感動しました。
 
 
 習慣は第二の天性なり。
 
 
 そんなことわざがわります。
 ただ、愚直に続けることでいつかは天才をも上回るかもしれない。
 習慣にはそれほどの強いエネルギーがあるのだと私は信じています。

 
月額648円~始められるオンラインヨガやってます。1ヶ月無料体験実施中。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする