レッスンで大事にしている○○② 〜どうすれば呼吸は深くなる〜

笑いヨガ
 こんにちは。
 オンラインヨガの本田信英です。

 私はレッスンの時にしばしば雑談をします。
 このシリーズでは、一般的にヨガではあまりすることのない雑談をなぜするのかを書いています。

①一般的なヨガとの違い

呼吸が大事。でも……

 ヨガでは呼吸法が大事だと言われています。
 ひたすら呼吸だけを行うヨガもあるくらいです。

 それはヨガに限った話ではなく、あらゆるスポーツ、武道、ボディーワークにおいて呼吸を疎かにすることを推奨するものはありません。

 それほどに呼吸が大事です。
 息を合わせる。阿吽の呼吸。
 日本語にはそうした呼吸に関する言葉もたくさんあります。

 けれど、私達は知らぬ間に息を止めていたり、激情によって呼吸が深くなったり浅くなったりします。
 つまり、身体のあり方、心のあり方まで呼吸は関係を及ぼします。
 深くゆったりした腹式呼吸はそれだけで私達の心身を癒してくれます。

 ただ、わざわざ意識しなくても私達は呼吸できてしまいます。
「息を引き取る」のは死ぬ時であるように、生きるために呼吸はかかせません。

 なまじ、無意識にできてしまうために呼吸を意図的にすることは簡単ではありません。
 実際、ワークショップで意識したことのない人に腹式呼吸をしてみてと言っても首を傾げてしまう人がほとんどでした。

下手な呼吸法よりも効果的な○○

 そんな初心者でも簡単にできる呼吸法があります。

 
 
 それは笑うこと。
 
 
 楽しくて笑っている時、人は自然と腹式呼吸になっています。

 笑いすぎた時、お腹が痛くなりますよね。
 それだけ腹筋を使っている証拠であり、また普段使えてない証拠でもあります。

 だから、難しい顔してよくわからないまま呼吸をするより、笑いながらやった方がよっぽど効果的です。

 健康な人ほど表情豊かでよく笑います。それによって呼吸は深まります。
 不健康な人ほど表情に乏しく暗い顔をしています。そうすると自然と呼吸は浅くなっていきます。

 だからこそ、私はヨガの時間では楽しく雑談して、笑うことが重要だと思うのです。

 月額648円~始められるオンラインヨガ始めました
 1ヶ月無料体験できます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする