レッスンで大事にしている○○① 〜一般的なヨガとの違い〜

 こんにちは。
 オンラインヨガの本田 信英です。

 私はヨガのレッスンの時に大事にしていることがあります。
 

 

 
    
雑談するヨガ
 

 それは雑談をすること。

 自分の気になったことを話したり、逆に問いかけをしてみたり。

 体を動かしながらもしばしば笑いが起こるレッスンです。
「変わってるけど、面白いヨガですね」

 そんな感想をいただきます。
 私はそれを褒め言葉として受け取っています。

一般的なヨガのレッスン

 けれど、雑談をすると聞いて不思議に思うのではないでしょうか? 
 
 音楽をかけアロマを焚いたり、照明を暗くしたりして雰囲気を演出しながら、静かな環境で行う。
 音楽以外には、息遣いとインストラクターの誘導の声だけが聞こえ、レッスンを受けにきた人は、自分を見つめ感じることに集中して黙々とポーズをとっていく。

 それがいわゆるヨガのイメージではないでしょうか?
 私が初めてやったホットヨガもそんな印象でした。

 実際、自分の感覚との対話はとても重要です。
 それにもかかわらず、なぜ集中を乱すような雑談をするのでしょうか?
 

楽しくないと続かない

 雑談をする理由として大きいのは私の師匠の影響が大きいです。

 冗談を口にしたり、関係ないことを話したりしながら楽しくヨガをする。
 無理をせず気持ち良く動いていく。

 初めてそのレッスンを受けた時に、私は衝撃を受けました。

 自分が受けてきたヨガのイメージとはまったく違ったからです。

 私の中にはどこかで辛いこと苦しいことをしなければ、自分の心身は整っていかないという先入観がありました。
 だからハードなホットヨガに通っていました。

 ただ、それではなかなか継続できませんでした。
 
 紆余曲折あって沖ヨガに出会い、実際やってみた時に「明るく、楽しく、気持ち良く」やってみた時の方が自分の体調が良くなっていました。

 ヨガは続けることが大事です。
 続けるためには、なにかしらの「楽しさ」が重要であることに気づきました。
 だから、私は師匠のスタイルを継承して、雑談をするようになりました。
 
 
 月額648円~始められるオンラインヨガ始めました
 1ヶ月無料体験できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です