初めてのヨガマットの選び方

  ヨガマット
 ヨガは身1つあればできる手軽さが長所です。
 
 しかしながら、必須とは言わないまでもヨガマットは必要です。
 手足の滑りを防ぐため、また怪我の防止のためにもあると便利でしょう。
 最初は大きめのバスタオルなどでも構いませんが、よくあるフローリングの床は固く、たとえば四つん這いになった時に膝が痛くなってしまいます。

 しかし、調べてみるとわかりますが、色んなヨガマットがあります。
 1000円程度のものから10000円以上のものまでたくさんあります。

 一体なにがそんなに違うのかと思いますが、初めてマットを買う人はどんなマットが良いかを迷うでしょう。
 そこで、今回は初めてマットを買う人向けの参考になればと書きました。 
 

違いはグリップ性と緩衝性

 デザインや素材などで大なり小なり違いますが、初めから細かい部分を気にしても仕方ありません。
 最初に気にすべきは「グリップ性」と「緩衝性」です。
 
 グリップ性とは要するに滑りにくさ。
 緩衝性は柔らかさ。
 
 両手両足でマットを押したりすることがあるので、ツルツルではマットの意味がありません。
 また、素材と厚みによって四つん這いや仰向けうつ伏せになった時の感覚が変わります。

 この2点を気にしておけば、大きな失敗はないでしょう。

 スポーツ量販店に売っている1000円以下のものはとにかく薄く、滑ります。 

 それを選ぶのは構いません。
 ただ、ヨガブランドが作っているものも1つくらいは触ってみてから選ぶことをオススメします。

どんな用途で使うかを考える

 ヨガマットは1mmくらいから10mmを超えるものまでその厚さは様々です。
 薄ければ薄いほどに持ち運びはしやすい一方で、クッション性の能力は落ちていきますので、硬い床でやる場合は注意です。
 一方で厚ければ厚いほど、衝撃は吸収してくれますが、持ち運びには向きません。

 どれも一長一短です。

 したがって、まずどんなロケーションで使用するかをはっきりさせることが重要です。
 
 たとえば、オンラインヨガでは、自宅でやることを目的としています。
 つまり、持ち運びはあまりしないので、厚めのものをオススメします。
 最低でも6mm以上の厚さはあるものが良いでしょう。

 逆に外に運ぶもので10mm以上だと、持ち運びが大変です。

触ってみるのが一番良い

 もし、あなたの家の近くにヨガショップやヨガマットが置いてあるスポーツショップがあれば、是非行って触ってみてください。
 当たり前ですが、専門メーカーのマットであれば、よほど酷いものは売っていません。
 だから、あとはヨガマットのグリップ感や柔らかさは好みです。

 もし、ショップに行くならば店員さんに相談してみるといいでしょう。
 用途を伝えれば最適なものを選んでくれますし、実際にひいて感触を確かめさせてくれるかもしれません。

 ちなみに、私は10000円近くするマットを買いましたが、使っていません。
 まったく滑らないのがかえって肌に合わず、他人に貸し出すことはあっても自分で使うことは一切ありません。

 高ければ良いというわけではありません。

初めて買うものは安価な方が良い

 あなたは、自分がどんなマットを使いたいのか知っていますか?

 最初はわからないでしょう。
 つまり、一番最初のマットは自分の好みを知るための基準です。

 もう少しグリップ感があった方がいい。
 もっと厚みのあるものがいい。

 使っているうちに、そんな不満が出てくるでしょう。
 その時の感覚が次のマットを買う時の参考になります。

 だから、最初に買うのは値の張るものよりも安価な方が良いと私は考えます。 
 私のように高いマットを買って使わないこともあるので、高ければ安心というわけでもありません。
 
 そこでオススメするのはヨガワークスのマットです。

 ヨガワークスの製品は比較的安価で、質も良いとされています。
 初めて買うには適していると思います。

最終的には愛着が持てるかどうか

 さて、ここまで書いてきて「じゃあ、そういうあんたはどんなヨガマット使っているの?」と疑問が出てきているかもしれません。
 
 秘密にする必要もないので公開します。

 私が使っているのは500円くらいの薄いヨガマットです。

 四つん這いになればフローリングの床では膝に硬さを感じます。

 なんでそんなものを使っているのか?

 別に修行でもなんでもなく、愛着があるからです。

 それは2年ほど前にインドに行った際に自分で交渉して買ったマットです。

 慣れない海外。
 言われるがままに服を買い、後で値段をふっかけられていたことを知りました。
 
 その反省を活かして、拙い英語で交渉して買ったのが今のマットです。

 当時から質が良いとは言えませんでしたが、思い入れから未だに使い続けています。

 最終的には、ものに愛着が持てて「これを使いたい!」と思えるかどうか。

 マットがヨガをするわけではありません。

 とはいえ、質が良いに越したことはありません。
 買ってよかったと思えるものを買いましょう。

  
 
 月額648円~始められるオンラインヨガ始めました
 無料体験有り。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です