日常をあぶり出す記録

日常の記録
 沖ヨガでは生活全体を扱っているのですが、私達は普段どんなふうに日常を送っているでしょう? 
 改めて考えてみると言葉に詰まってしまうのではないでしょうか。

日常と非日常

 2018年1月24日~25日にかけて全国的に寒波がやってきて、雪模様となりました。僕の住む愛知県で2日連続雪が降るのは珍しいことです。
 まさに非日常です。
 僕は朝起きると散歩しているのですが、普段は出会うことのない風景と感覚と出会いました。ふと思い立って、それらを記録してみたところ面白いことがわかりました。
 以下はその記録の一部です。

・各家庭でアイドリング状態で雪をとかす車とそのエンジン音
・コンビニの駐車場でアイドリングのまま買い物する人々
・子どものうわずった声
・窓から子どもを見送る親
・手を振る子ども
・白い地面
・凍った地面
・水っぽい鼻水
・靴の溝に詰まった雪を叩き落とす動作
・どことなくピンと張った空気
・朝食の匂いが漂ってこない
・へっぴり腰で歩く人
・そろそろと歩く人
・キンと冷えた空気とぬるぬるした地面
・つけっぱなしの暖房の音
・足を取られる人
・ノロノロ動く車
・ほうきで雪を掃く人
・不思議と力む、散歩中の僕の身体
・結構なスピードで走っている自転車
・力を抜いていつも通りの歩き方をしてみる(数秒後には戻っている)
・いつもよりも多い人の姿(ちょっと早めの登校と出勤)
・しなる木の枝
・暖房の音
・往来の下り坂で滑って自転車から転倒する女子高生
・知らない女子高生とその自転車を助け起こす僕
・知らない人同士のほんの僅かな会話
・雪の掃除をする人々
・生まれる井戸端会議
・ワクワク、新鮮な気持ち

 書き出してから自分で見直してみた時に、ハッとしました。非日常を書き出してみたことで、自分の日常が浮かび上がってきたのです。
 つまり、「高校生とは話さない」という日常がある。
 でも、そんなことをいちいち考えませんよね。

 日常というのは当たり前になっているがゆえに、意識しません。
 そうして、起こっていることや変化を見落としているのでしょう。

 だから、初期段階を見逃して病気になってしまう。

 非日常だと感じるということは、反対のところに日常があるということでもあります。
 当たり前になっているがゆえに、日常を意識していないのです。だからこそ積極的に「私にとって日常とは?」を考える価値があります。
 私達は普段なにを五感で感じて、考えているのでしょう? 

日常を記録しておくことの意味

日記を書く
 だからと言って、いつも非日常だらけでは疲れてしまいそうです。
 また雪のように向こうから訪れるものを待っていたのでは、いつまでも日常も非日常もわからないままです。

 日常がないのに、非日常もありません。
 
 だから、日頃から記録をとっておくことが大事だと僕は思います。
 日記やブログを書いたり、twitter、instagram、FacebookなどSNSで投稿をしたり。主に自分のためなので公開する必要もないのですが、そうやって記録を蓄積 していくことで日常が浮かび上がってきます。

 僕は自分の書いた文書のほとんどはEvernoteに記録しています。なにか出来事があるごとにそれを記録したり、振り返りを書く。そうしていくと、見えてくるものがあります。

 たとえば、上記の雪の記録をもう1度見返してみると、僕は視覚的な情報をかなり記録していることがわかります。一般的に視覚はよく使うものです。
 つまり、非日常を味わいければ、普段はあまり使わない五感、たとえば嗅覚に意識を向けながら散歩をしてみればいいわけです。
 きっとそこには多くの気づきがあるでしょう。

 1つのこと・ものからでは決して気づけないことが記録の蓄積によって、自然とあぶり出されてきます。
 そしてその量が増えれば増えるほどに価値は高まっていきます。
 こんな便利なことはありません。だから、今日からでも日記を書くことを始めませんか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする