僕は身体が弱い

体調不良
僕は身体が弱い。

ここでいう「弱い」は、「体調を崩しやすい」ということ。
それ以上でもそれ以下でもありません。

僕は昔から、皆勤賞とは無縁でした。
季節の変わり目ごとに体調を崩し、熱を出す。
扁桃腺がでかいと言われ続け、必ず喉痛から症状は始まる。

小学生の低学年まではガリガリで、栄養をとれと言われてたくさん食べたけど、デブと言われるまで太っても僕は相変わらず体調を崩しました。

体力がないのがいけないのだと思って、走り始めたこともあったけれど、フルマラソンを走っても相変わらず僕の身体は弱かった。

身体だけは大きかったけれど、ただそれだけだった。

ヨガを始めても強くはならなかった。
ただ、風邪のひき始めで対処できるようになったのと、回復が早くなっただけ。

20を超えてからは毎年年末に体調を崩すようになった。
決まって高熱を出して、一週間近くダメになる。それは単なる風邪とは違っていて、アオッパナが出たりして、身体の老廃物を出していく。

小学生の時は、年中半袖短パンの子がいて、そういう子に限ってものすごく元気で皆勤賞だった。
大人になっても、いつ休んでいるんだってくらいバリバリ働いている人がいて、そういう人を羨ましく思う時もある。

でも、僕の身体はこれしかない。
形だけ鍛えることはできても、やっぱり身体そのものは変えられない。

ほかの人になることはできなくて、だから自分の身体を疎んでみたところで意味はない。
この身体だからこそ僕は出会えたこと、手に入れられたことがある。

「少しずれてる」と言われる感覚であったり、自分の不調に気づきやすいことだったりする。
とっかえっこできないけれど、でも楽しいことだってあるのだ。

僕は身体が弱い。
太りやすくて、運動神経は良くも悪くもなくて、そこそこの柔軟性はある。
でも、なんだかんだ言っても自分の身体が好きです。

それは外見とか部分的なことではなくて、1つのまとまりとしてものとしてです。
だから、大事に扱いたいなと思っています。

あなたは自分の身体を好きですか?

【自宅や出先でヨガをやりませんか?】
 詳細はこちらからご覧ください。

  • 毎朝10分のほぐしコース
  • 60分のレッスンコース
  • 3ヶ月で持続可能な生活改善コース

ご希望に合わせたコースを用意しています。
1ヶ月無料体験もやっています。

【100人とインタビューゲームやっています】
随時お相手募集中です。
興味のある方はokiyoga.online@gmail.comまでご連絡ください。
インタビューゲームについてはこちら

シェアする

フォローする