だれかのできなさに直面するとき

だれかのできなさに直面する
 オンラインヨガの本田信英です。
 生活の中で他者と関わっていると、どうしても他人のできなさに向き合う瞬間があります。

 自分が当たり前にできることを相手はできない。
 すると、感情が波立つものです。
 けれど、そうした感情が湧き起こるのはある種の成長なのかもしれません。

自分ができるから苛立つ

「なんであいつは話を聴かないんだ!」
 ある子どもが声を荒げていました。全然話を聴かない別の子に対して苛立っていたのです。
 それを横で聴いていて、僕は驚きました。

 なぜかというと、一年前はその子自身が話を聴かなかったからです。
 人の話を平気で遮ったり、関係ないことを突然言いだしたり。
 
 そういうことをしていた子が、話を聴かない相手に対して憤っているわけです。
 それは自分ができるようになったから、もどかしさを感じるようになっているのでしょう。
 これが幼児同士だと、お互いに話を聴かずに好き勝手話しているだけなので、どちらもイライラすることはありません。

 大人でも同じで、仕事でも新人同士では苛立ちを感じることはありません。
 しかしある程度仕事がわかってくると、他の人の要領の悪さややり方の違いが目につくようになります。
 
 それは1つの通過儀礼のようなものです。
 だれかのできなさに直面するということは、自分は次のステップに移ったという証です。

苛立った時の対処法

街の風景
 だから、もし誰かの行為に苛立ちを感じたら、自分に意識を向ければいいのです。
 
 例えば、電車やバスで騒いでいる人がいたとして、その相手に目くじらを立てても気分が悪くなる一方です。
 けれど、「自分はどうだ?」と考えてみれば、自分はマナーを守って、過ごすことができる。

 その確認をするだけで、それで心がスッと楽になります。
 ただ、そこで優越感にひたるとややこしくなってしまうので、確認を行うだけにとどめます。

 間違っても感情に集中してはいけません。
 意識を向けるということはそこに集中することです。だから、苛立ちに意識を向ければ、どんどんイライラは膨れあがっていきます。
 

自分の問題としてとらえる

 結局のところ、相手を変えるのは難しいです。

 変えようとすれば抵抗が起こります。
 それでもなお無理やり変えようとすれば、行動は変わるかもしれませんが、表面だけ取りつくろって、しこりがのこることになります。

 だから、何事も自分ごととして考えるようにつとめましょう。
 相手の問題だと捉えた瞬間に、「私」ができることはなくなります。

 相手が悪い、相手が変わるべきだ、と考えるよりも、自分の問題だと考えた方が楽です。
 考えてみれば、苛立ちの感情を懐いているのは自分自身です。

 相手じゃないんですよね。
 自分のことだったら、自分次第では変えられます。

 そのために物事のとらえ方を変えていく。
 それもガラリと変えようとしてもやっぱり上手くいきませんので、ずらしていくのです。
 
 苛立ちを感じるのは自分が成長した証。
 それを喜んでいく。

 そして、その成長を感じさせてくれたのですから、ちょっと優しく接してあげようという気分になりませんか?

————————————————————————————————–
【次回の寝る前ヨガは2017/10/11】
終わったらそのままベッドイン!
寝る前ヨガやっています。

【オンラインヨガ会員募集中!】

毎朝10分から始める自己管理始めませんか?

生活リズムを作りたい。
休みの日も早起きしたい。
自分で心身をケアできるようになりたい。

なかなかできない習慣化も仲間がいれば続けられます。
自然な自分と”再会”しましょう。

1ヶ月無料体験実施中! 

【100人とインタビューゲームやっています】
 興味のある方はokiyoga.onlineあっとgmail.comまでご連絡ください。
 インタビューゲームについてはこちら
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする