インタビューゲーム37人目 

 オンラインヨガの本田信英です

 37人目の方とのインタビューゲームが終わりました。
 
 ↓インタビューゲームついてはこちら↓

マイクを差し出す100人とインタビューゲームをする理由
  オンラインヨガの本田信英です。 僕は現在、100人とインタビューゲームをしようと活動しています。 人数が増えてきて、なんでそれをするのかと尋ねられることが多...

 僕は毎回セッションが終わった後に個人的な振り返りをして、気づいたこと・学んだことを記録しています。
 以下、その内容です。

『オッケーの心』

相手の方が口癖のようにオッケーと言うのがとても印象に残っていた。
なんでそう言うんですか?
そう尋ねてみたら、「実際なんでもオッケーだし、オッケーだと思ってなくてもオッケーって言ってみるの。そうしたらオッケーになるから」と返ってきて、じゃあ僕もオッケーと言ってみるかと思った。

『過去の自分に臨場感が湧かない』

自分の話をしていて、ふと感じたのは過去の自分が、当時味わっていたであろう感情に共感できなくなっていた。言葉で苦しかった、辛かったと並べることはできるけれど、それを思い返して同じように味わうことはできない。
それは、なによりも自分が変わった証拠でもある。嬉しいような悲しいような、一番近いのは切ない気分だろうか。それは喪失感なのかもしれない。
自分のことなのに、すごく遠くに感じられる。

『どこまで話を聞くか』

相手が話したがっている時、どこまで聴けばいいのか未だにわからない。気持ち良く話してもらうことももちろん大事だけれど、20分しかない時間の中でずっと1つのことを聴き続けるのはもったいないと感じてしまう。
だから、どこかで折り合いをつけなければいけないのだけど、この感覚の見つけどころが未だにわからない。

 以上です。
 インタビューゲームのお相手してくださる方、まだまだ募集中です。
 オンライン、リアル、知り合いも初めての方も是非やりましょう〜!

 今回のお相手は近田慎介さんにしていただきました。
 このブログをご覧いただいて、メールをくださいました。

 近田さんのブログはこちらです。
 是非ご覧になってください。 

【インタビューゲームって?】
 100時間の勉強よりも1回の実践!
 
①「話す役」と「聴く役」に分かれて、20分間インタビューをする。
②役割を交代して、同じセッションを行う。
③相手になりきって、他己紹介の文章を書く。
④内容に間違いがないか確認して、声に出して読みあう。
⑤振り返り。
 
ルール
・なにを聞いてもいい。
・話したくないことは話さなくていい。
・聴かれていなくても話していい。
————————————————————————————————–
【次回の寝る前ヨガは2017/02/23】
終わったらそのままベッドイン!
寝る前ヨガやっています。

【オンラインヨガ会員募集中!】

毎朝10分から始める自己管理始めませんか?

生活リズムを作りたい。
休みの日も早起きしたい。
自分で心身をケアできるようになりたい。

なかなかできない習慣化も仲間がいれば続けられます。
自然な自分と”再会”しましょう。

1ヶ月無料体験実施中! 

【100人とインタビューゲームやっています】
 興味のある方はokiyoga.onlineあっとgmail.comまでご連絡ください。
 インタビューゲームについてはこちら
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です