初めは適当くらいがちょうどいい

病院のベッド
  
 ヨガなんて適当にやるくらいがちょうどいい。

 そんなことを言ったら、色んなところからお叱りを受けるかもしれません。
 けれど、最初は肩の力抜いて「できなくたっていい」くらいの気持ちでやるのがベストだと私は思っています。 

 つい先日、ヨガをしていたら体調を悪くされた人の話を聞きました。
 ヨガにはまって、一生懸命やっていたらだんだん気分が悪くなって止めてしまったそうです。

 ヨガは良さばかりが語られます。けれど、良いからとやり過ぎれば怪我をします。
 私達は生きていくのに酸素が必要ですが、酸素も毒になり得るのです。

 私自身もホットヨガをやっている時にかかとを痛めた経験があります。
 その苦い経験から得たことがあります。

 

初めは適当にやるくらいがちょうどいい

 最初に頑張りすぎて痛めてしまうことがよくあります。

 周りの人は、できている。
 けれど、自分は始めたばかりで全然できない。
 その焦りから無理をして、身体にピキッと痛みが走ります。

 最初ほど無理しないようにしましょう。
 恐る恐るやるくらいでちょうどいいかもしれません。

 なぜなら、自分がどこまでできて、できないかを知りません。
 だから、まずはその限界を知ることから始めます。

 ポーズができなくても、まあいいや。
 それくらいの心算でいいと思います。

 やっていく中で自分の可動域がおぼろげながらわかってきます。
 無理せずやってても多少なりとも身体の変化が感じられるはずです。

 気分が軽くなった。身体が中から温まった。
 身体が動かない分、感覚に意識を向けることに注力します。
 僅かな変化にも気づく内観力を磨いておけば、後々が楽しくなります。
 
 なによりも大事なのは続けることです。
 そのためには怪我をしないことが重要です。

それでも怪我をした時の心構え

 
 ただ、どんなに気をつけていても怪我をする時はします。
 ある程度の期間ヨガをやっていると、身体を痛めることは珍しくありません。
 特に慣れてきた時ほど、気が緩んで怪我をしやすいです。

 それはヨガに限ったことではありません。
 ウォーキングやジョギングでも身体を痛めることはあります。
 
 もちろん日常場面でもそうなのです。
 
 やってしまったものは仕方ありません。
 そうなった時に無闇に落ち込まないことです。
 グッとこらえて、冷静に自分を見つめてみましょう。

 ついつい頑張りすぎちゃう自分がいませんでしたか?
「ポーズができることが良い」と思い込んでませんか?

 怪我をしたのは、それに気づくために必要なことだったのでしょう。
 たとえ怪我をしたとしてもそれを嘆くことなく感謝できるようになれると素敵ですね。
 
 
 とにかく最初は無理をしないことです。

 無理をしないとはどういうことか?
 それは痛みのないように動くことです。
 痛みが出たら休む勇気を持ちましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする