HKDK44日目 ~抜いた力の行き先~

オンラインヨガの本田信英です。

「人の身体はどのように変わるか(略してHKDK)」44日目です。

概要はこちら↓

 オンラインヨガの本田信英です。 人間は習慣の生き物で、習慣によって心身共に支配されています。 逆に言えば、習慣を変えることができれば、明確に変わります。 特に身体の変わり方はとても素早く、また鮮やかです。 わかりやすい例で言えば、2ヶ月で10kg単位で痩せることができる人だっているし、過食に走ればその逆もできるでしょう。 けれど、その変化の過程を見ることができる機会って、なかなかありません。結果だけでなく過程も測る 劇的な変化をした時に、出てくるのはビフォーアフターばかりでその途中は抜け落ちてし...

変化の写真

前後開脚右45

前後開脚逆転45

前後開脚左45

身体の変化

少し前まで僕はとにかく力を抜くことがいいと感じていました。

けれど、抜いた力はどこへ行くのかとふと疑問に感じました。
全身を全部脱力させてしまったら立っていることもできません。

それでは、全身の力が外へ逃げてしまうような感覚に陥ります。
だから、力を抜くということは一箇所に力を集約させて、他の場所はリラックスすることだと思うようになりました。

その場所として、いわゆる「丹田(下丹田)」があるのですね。
ようやく腑に落ちました。

ついでに逆転の写真も載せてみました。これは今回だけです。