「できなさ」を出発点として

鮮やかな色彩
 オンラインヨガの本田信英です。
 
 自分がどこを出発点として思考しているかを考えたことがあるでしょうか?
 
 対話の場において話していて、強く再認識することがありました。
 それはそのまま自分のヨガをやる上で大切にしていることにも繋がっているなと感じました。
 

理想や目標を出発点にすると苦しい

「こうなりたい」「ああなりたい」という理想があって、そこからスタートしていく方法があります。
 その思考していくことはすごく苦しいと僕は感じています。
 
 だって、今の自分とはかけ離れているからこそ理想であるわけで、現実はそこに追いついていない現状があります。
 例えば、100m走をもっと速く走りたいとは思っても、もっと遅くなりたいとはなりません。
 
 遠く及ばない理想の自分からスタートしていしまうと、理想に届くまでは常に劣っている自分と向き合わなければいけません。
 なにをしていても理想からマイナスの状態の自分である。
 本当は9秒台で走りたいのに、自分のタイムは13秒とかだともう途方に暮れてしまいます。
 
 昔の僕はまさにこれでした。
 いつも自分にも他者にも不満を抱えていたし、もどかしさに悶々としていました。
 当時を思い返すと、すごく苦しかっただろうなと思います。
 

無力な自分からスタートする

 ここ数年、ヨガやラクダメソッド、インタビューゲームを通して変わってきたのは、「できない自分を出発点とする」ということです。
 
 それは現実を出発点とすることでもあります。
 毎朝早く起きたいと思っても起きられない。他人に優しく接したいと思っていてもできない。
 大なり小なりそうした「できなさ」を抱えているものです。
 
 都合が悪くて目を背けたくなることもありますが、そんなことしたって仕方ありません。
 事実として、今の自分はできないんですから。
 

 ヨガって結構スピリチュアルなイメージを持たれることが多いのですが、少なくとも僕が考えているヨガは「今」をすごく大事にしていて、まず自分がどういう状態かわからないことにはどうしようもないと考えています。現状把握をすることで、ようやく動き出せます。
 
 身体が硬いって一体どういう状態のことを言ってるの?
 なんて問いかけることも多いです。
 
「できない自分」からスタートすることを、ともすれば後ろ向きに捉える人もいるんですが、まったくそんなことはないと僕は感じています。
 
 だって、あとは加点していくだけだから。
 そもそもできないんだから、あとはできるようになる方法を考えればいい。
 とてもポジティブな考え方です。
 
 そして実践して、積み重ねて、変容させて、染み込ませていく。

理想は悪ではない

 
 誤解して欲しくないのは、僕は目標とか理想が悪いのだと言いたいのではないということです。
 あくまでも理想や目標を「出発点」にしてしまうと苦しいということです。

 だって、それは本当にあるかどうか、そして辿り着けるのかはわからないのだから。
 砂漠を歩いていて、「この砂丘を越えた先にはオアシスがある」という発想は、危険です。土地勘がない者にはわからないはずなので、常に不安が付きまといます。もし、この砂丘の先になにもなかったらどうしよう……。
 
 けれど、今の立っている地点から見えるものだけを見ていれば、そこに余分な不安が入り込む余地はありません。
 ないものはないし、あるものはあるからです。

 そして、今立っている地点からは当然その先を見通すことだってできます。
 視界の先にオアシスが見えているならそこを目標にすることは何ら問題ありません。(蜃気楼の可能性もありますが)

感覚は今しかない!

 そんな思考を経て、僕が感覚を大事にしている理由が見えてきました。
 それは感覚が「今」を強烈に司っているからです。

 ご飯を食べる前の僕はお腹が空いているけれど、食後にはもうお腹は満たされています。
 その時にはもう空腹の感覚はありません。

 感覚は「今」を切り取っている。数瞬先には儚く散っては芽ぶく今を照らす。
 
 そしてその感覚は身体から滲み出してくる。
 動かし、揺さぶって、噛み締めて、味わい、耳を澄まして、ほのかに香る。

「できない自分」だって、それだけの彩りを持っている。
 その色付きをもっと鮮やかに、美しく磨いていきたいとそう思っているのです。

 その営みの手段として、僕はヨガをやっているのかもしれません。

————————————————————————————————–
【次回の寝る前ヨガは12/21】
終わったらそのままベッドイン!
寝る前ヨガやっています。

【オンラインヨガ会員募集中!】

毎朝10分から始める自己管理始めませんか?

生活リズムを作りたい。
休みの日も早起きしたい。
自分で心身をケアできるようになりたい。

なかなかできない習慣化も仲間がいれば続けられます。
自然な自分と”再会”しましょう。

1ヶ月無料体験実施中! 

【100人とインタビューゲームやっています】
 興味のある方はokiyoga.onlineあっとgmail.comまでご連絡ください。
 インタビューゲームについてはこちら
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする