HKDK36日目 ~アゴの位置の重要性~

オンラインヨガの本田信英です。

「人の身体はどのように変わるか(略してHKDK)」36日目です。

概要はこちら↓

 オンラインヨガの本田信英です。 人間は習慣の生き物で、習慣によって心身共に支配されています。 逆に言えば、習慣を変えることができれば、明確に変わります。 特に身体の変わり方はとても素早く、また鮮やかです。 わかりやすい例で言えば、2ヶ月で10kg単位で痩せることができる人だっているし、過食に走ればその逆もできるでしょう。 けれど、その変化の過程を見ることができる機会って、なかなかありません。結果だけでなく過程も測る 劇的な変化をした時に、出てくるのはビフォーアフターばかりでその途中は抜け落ちてし...

変化の写真

前後開脚左38

前後開脚右38

身体の変化

光源をなくして、暗闇の中で粛々と身体を動かしていました。
すると、意識がより内側へと向いて、今までにない感覚が生まれてきました。

力が抜けていると思っていたところがもう一息抜くことができる。
アゴの位置によって、刺激の質がだいぶ変わってくる。

このアゴの位置は、ここ数日の中でもかなり興味が高まっています。
街中を歩いていても驚くほどにアゴを引くことができていない人が多いです。

中には4足動物のように顔が前に突き出た人もいます。
それは首・肩が凝るだろうと思います。

かくいう僕も油断すると、アゴがおろそかになってしまいます。
これもまた訓練していくしかないのでしょう。